8月25日 優勝おめでとう 第15回鹿角小学校新人野球大会

 午後から花輪小学校との決勝戦が行われました。
 大会会長が、閉会式の講評で、「これほど感動的な小学校の試合は見たことがない」と話されるように、延長6回、9対8という、接戦の好ゲームでした。
 序盤、先制する場面もありましたが、お互いに点を取り合う中で逆転され、5回表には3対5と後がない状況に追い詰められました。しかし、ヒットと相手の送球ミスで同点に追いつき、大会規定により、6回からの延長タイブレークに持ち込みました。
 ただ、6回表には相手に3点入れられ、その裏、2アウト2塁で3点差、再び追い詰められ、万事休すと思われました。それでも、子どもたちは最後まであきらめず、フォアボールを選び続け、次の打者、次の打者へとつなぎ、左中間へのサヨナラヒットを呼び込んだのです。
 「つなぐ」という気持ち、「絶対にあきらめない」という気持ちが、優勝という最高のプレゼントをもたらしてくれました。感動を与えてくれた選手の皆さんに感謝・感謝です。全員の力、「全員野球」で勝ち取った見事な優勝です。
 スタンドから精一杯声を出す6年生、卒業した中学校の先輩たちの応援、そして何よりも声を枯らして励ましてくださった保護者の皆さんの熱く力強い応援が、選手の力を引き出してくれたものと思われます。勝利の瞬間、お父さん、お母さんの目には涙・涙でした。
 この結果、9月に八郎潟町で開催される全県大会への出場権を得ました。今日で夏休みは終わりですが、子どもたちと保護者の皆さんの暑い夏は、まだまだ続きます。
 本当におめでとうございました。

f:id:hanawakita:20190825132048j:plain

f:id:hanawakita:20190825140705j:plain

f:id:hanawakita:20190825140759j:plain

f:id:hanawakita:20190825141001j:plain

f:id:hanawakita:20190825142922j:plain

f:id:hanawakita:20190825143235j:plain

f:id:hanawakita:20190825144053j:plain

f:id:hanawakita:20190825152840j:plain

f:id:hanawakita:20190825152843j:plain

f:id:hanawakita:20190825152856j:plain

f:id:hanawakita:20190825153012j:plain

f:id:hanawakita:20190825153725j:plain

f:id:hanawakita:20190825153744j:plain

f:id:hanawakita:20190825154617j:plain

 

 

8月25日 第15回鹿角小学校新人野球大会2日目 準決勝を勝利!

   平元小学校との準決勝が午前中、行われました。
 序盤、先制され、途中まではシーソーゲームでした。しかし、三塁打で同点に追いつくなどフォアボールに好打を絡ませ、逆転したあとは、相手チームの反撃を最小限に抑え、9対3で勝利することができました。決勝進出です。
 この試合でも、積極的な走塁、見事なバント、そしてチャンスでの素晴らしいバッティングなどが光りました。また、3人の投手による継投策も実り、卓越したベンチワークも冴えていました。
 決勝でも、声を出し、チーム一丸となって優勝を目指してがんばってくれるものと思われます。
 なお、決勝開始時刻が早まり、1時15分開始となります。
 相手は花輪小学校。健闘を期待しています。

f:id:hanawakita:20190825110613j:plain

f:id:hanawakita:20190825111651j:plain

f:id:hanawakita:20190825113116j:plain

f:id:hanawakita:20190825114522j:plain

f:id:hanawakita:20190825115203j:plain

f:id:hanawakita:20190825115843j:plain

f:id:hanawakita:20190825121329j:plain

f:id:hanawakita:20190825121613j:plain

f:id:hanawakita:20190825121733j:plain

 

8月24日 第15回鹿角小学校新人野球大会1日目

 好天の下、標記大会が城山球場で開催され、「花輪北ライズ」の試合が行われました。
 5年生を中心とする新チームにとって初の公式大会で、今日は1回戦で大湯スポ少と対戦しました。
 1回表に5本の安打を集中し、幸先よく5点を先制しましたが、その後、徐々に追い上げられ、3回裏には逆転を許してしまいました。
 しかし、4回の表には、タイムリーヒットなどで再度逆転しました。その後は、継投策も決まり、相手の追い上げを許しませんでした。手に汗握る試合展開となりましたが、粘り強さが出てきたのは、大きな成長の証です。
 また、レフトへの打球を好捕し、併殺に仕留めるビッグプレーなど、たくさんのファインプレーが見られました。攻撃面では、ライナー性の当たりが増えただけでなく、2ランスクイズを決めるなど、状況をしっかりと判断し、常に次の塁をねらう積極的な走塁も光りました。
 細かな課題はあるかもしれませんが、子どもたちにとっては大きな自信となり、次につながる試合になったことと思われます。
 なお、スタンドから精一杯声を出し、下級生を優しく見守る6年生部員や、同級生の応援も力強かったです。 新体制での保護者の方々の応援も一体感があり、盛り上がっていました。
 明日は、11時から準決勝(兄弟校対決です 対平元小)、2時から決勝(十和田小と花輪小の勝者)です。会場はいずれも城山球場です。優勝目指してがんばってくれることを期待します。応援、よろしくお願いいたします。

f:id:hanawakita:20190824125547j:plain

f:id:hanawakita:20190824125620j:plain

f:id:hanawakita:20190824125704j:plain

f:id:hanawakita:20190824125953j:plain

f:id:hanawakita:20190824131337j:plain

f:id:hanawakita:20190824131428j:plain

f:id:hanawakita:20190824132312j:plain

f:id:hanawakita:20190824132422j:plain

f:id:hanawakita:20190824132533j:plain

f:id:hanawakita:20190824132812j:plain

f:id:hanawakita:20190824134331j:plain

f:id:hanawakita:20190824134403j:plain

f:id:hanawakita:20190824135911j:plain

 

 

8月20日 夏休み学習会

夏休みも最終週となりました。
そのような中、今日の午前中は、各学年で学習会が行われていました。

家庭の事情等で参加しなかった子どもたちもいましたが、多くの子どもたちが登校し、夏休みの課題について担任の先生に相談したり、友達同士で取組状況について情報交換をしたりしていました。

これまで、大きな事故やけがなどの報告もなく、子どもたちが元気に、充実した夏休みを過ごしている様子がうかがえたことが何よりでした。

あいにくの天候のため、車で送迎してくださるご家庭も多く見られました。夏休みの課題への助言と併せ、たくさんのご協力に感謝いたします。

f:id:hanawakita:20190820090247j:plain

f:id:hanawakita:20190820090428j:plain

f:id:hanawakita:20190820090611j:plain

f:id:hanawakita:20190820090813j:plain

f:id:hanawakita:20190820091015j:plain

f:id:hanawakita:20190820091152j:plain

 

8月18日 第9回県北ブロック少年少女陸上競技交流大会

    お盆後直後であり、「花輪ばやし」直前であるこの日、大館市長根山陸上競技場で開催された標記大会に、本校児童9名が出場しました。
    時折、心地よい風が吹くものの、最高気温が33度を越える猛暑の中、子どもたちは、大館北秋田能代山本の力のある選手と精一杯競い合っていました。
   4年女子100m、共通男子ジャベリックスローの2種目で見事優勝し、共通女子ジャベリックスローで2位、共通男子走高跳で4位、共通女子80mハードルで6位と、多くの入賞者がでました。

    惜しくも入賞できなかった子どもたちも、全力を尽くして、大変よくがんばりました。時期的に練習時間を確保することが難しく、コンディション的にも自己ベストを出しにくい面がありました。そして、入賞の有無に関わらず、結果に満足のいく子どもとそうでない子どもがいたのですが、いずれにせよ、進んで陸上競技にチャレンジした前向きな気持ちは素晴らしいものです。

    この経験が確実に次につながるものと思われます。
    早朝からの選手輸送、テント運搬・設営、競技受付等、保護者の皆様には心から感謝いたします。

f:id:hanawakita:20190818100451j:plain

f:id:hanawakita:20190818105044j:plain

f:id:hanawakita:20190818110506j:plain

f:id:hanawakita:20190818111047j:plain

f:id:hanawakita:20190818114718j:plain

f:id:hanawakita:20190818114910j:plain

f:id:hanawakita:20190818124626j:plain

f:id:hanawakita:20190818125051j:plain

f:id:hanawakita:20190818130417j:plain

f:id:hanawakita:20190818132131j:plain

f:id:hanawakita:20190818132230j:plain

 

第73回花輪地区町廻り駅伝競走大会&第40回記念八幡平相撲大会

  台風10号接近に伴うフェーン現象の関係で、今シーズン最も高い気温となっている今日(午後2時現在の鹿角市花輪の気温が34.5度)、伝統ある二つの大会に本校児童が出場していました。
 花輪地区町廻り駅伝競走大会は、花輪児童クラブ前を出発&ゴール地点として行われているもので、終戦の翌年、花輪地区を元気付けることを趣旨として開催されてから、今年で73回目を迎えています。本校学区から、男女を問わない「小学生の部」及び「小学生女子の部」に、鶴田、用野目、高市、上台・長野の各地区から計6チームが出場しました。1年生から6年生まで走る距離が1.3㎞と、学年によるハンディは一切なく、全員が同じ距離を走ります。本校児童の中には、2年生が出場し、がんばる姿も見られました。結果は、「小学生女子の部」で高市チームが見事優勝するなど、たくさんのチームが入賞しました。入賞できなかったチームの皆さんも、蒸し暑い中、全力を尽くして走る様子が見られ、すばらしかったです。大会に備えて、夏休み中、ラジオ体操後や夕方に練習を重ねたチームが多かったようですが、地区の一体感が更に高まったのではないかと思われます。地区を挙げて、親子でこのような共通体験をする機会があることは本当にすばらしいことです。伝統ある行事への取組、本当にお疲れ様でした。
 また、県内はもとより、青森県岩手県からの選手も集った八幡平相撲大会が谷内地区の相撲場で開催されました。本校の相撲部員2名も「鹿角相撲スポーツ少年団」の一員として出場しました。5年生の部、学年に関係なく全選手によるトーナメントである選抜個人選手権の部、そして団体戦の部に出場しました。5年男子は、多くの観客に囲まれて緊張したのか立ち会いで遠慮してしまい、練習の成果を存分に発揮できなかったことに悔いは残るようでしたが、暑い中、一生懸命頑張った点は素晴らしかったと思います。5年女子は、個人戦団体戦とも自分の相撲をしっかりと取って勝利した場面が見られました。今後は、体の大きな相手や6年生を前にしても萎縮せず、自分らしい取組をすることで、更に勝ち星を積み上げてくれるものと思われます。なお、この日は、浅香山(元大関魁皇関)部屋の力士たちとふれあうことができたのも素晴らしい体験となりました。
 暑い中の子どもたちのがんばりに拍手を送りたいと思います。

f:id:hanawakita:20190815100333j:plain

f:id:hanawakita:20190815100837j:plain

f:id:hanawakita:20190815100912j:plain

f:id:hanawakita:20190815102045j:plain

f:id:hanawakita:20190815102052j:plain

f:id:hanawakita:20190815112057j:plain

f:id:hanawakita:20190815112149j:plain

f:id:hanawakita:20190815112223j:plain

f:id:hanawakita:20190815112321j:plain

f:id:hanawakita:20190815112429j:plain

f:id:hanawakita:20190815124738j:plain

f:id:hanawakita:20190815131406j:plain

f:id:hanawakita:20190815131412j:plain

f:id:hanawakita:20190815133233j:plain

f:id:hanawakita:20190815120248j:plain

 

 

8月11日 ローラースキー選手権大会2日目&スポ少活動の様子から

 

全国ローラースキー選手権大会2日目、女子フリー3㎞の部に本校6年女子が出場しました。自分で納得のいく滑りができなかったようで、レース後は不満そうな表情を見せていましたが、それでも力強い素晴らしい滑りは、今後に期待を抱かせるものでした。

入賞までわずかなタイム差だったことも、力がある証拠です。次の大会に期待します。

また、この日は、野球スポ少とミニバススポ少でそれぞれ練習試合が行われました。

野球スポ少は、城山球場で、花輪スポ少と対戦しました。逆転に次ぐ逆転で、新人チームとしては、エラーやフォアボールが少ない、引き締まった好ゲームとなりました。守備面では、確実な内野ゴロや外野フライの処理に、大きな成長のあとがうかがえました。打撃面でも、よい当たりが正面をついたり、ライトゴロになったりする場面がありましたが、あわやホームランになる当たりが出るなど、以前より力強さが増した感じがしました。試合中の声も出るようになってきて、チームとしての一体感が増しているように感じました。最後はミスで逆転サヨナラ負けとなりましたが、力は十分にあることを証明する試合でした。今月末の新人大会が楽しみです。

ミニバスポ少は、本校OGとの練習試合を行いました。忙しい中、中学校に進学した卒業生たちがたくさん駆けつけてくれ、真剣勝負の相手になってくれました。高さやパワーでは劣るものの、粘り強いディフェンスや素早い動きで、得点を重ねる場面も見られました。視野の広いプレーなど、身をもって学ぶ点も多かったものと思われます。また、北小ミニバス部の雰囲気のよさ、伝統の素晴らしさを感じました。OGの皆さんに感謝です。

スキーも、野球も、ミニバスも、子どもたちにとって貴重な1日となったことと思われます。お盆前の忙しい中、選手輸送や練習試合の準備など、保護者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

f:id:hanawakita:20190811083636j:plain

f:id:hanawakita:20190811083926j:plain

f:id:hanawakita:20190811084144j:plain

f:id:hanawakita:20190811101643j:plain

f:id:hanawakita:20190811102841j:plain

f:id:hanawakita:20190811110552j:plain

f:id:hanawakita:20190811112001j:plain

f:id:hanawakita:20190811114227j:plain

f:id:hanawakita:20190811120020j:plain

f:id:hanawakita:20190811120232j:plain

f:id:hanawakita:20190811120557j:plain