9月6日 6年生EM石けんづくり

 4月には、5・6年生がEM菌を生かした活性液を作り、プールの浄化に活用しましたが、今日の午後は、6年生がEM菌を生かした石けんづくりに挑戦しています。
 講師は、市民ボランティア団体「かづの21プラン」の2名の皆さんです。
 5校時は、石けんが今から5千年くらい前、古代ローマで既に羊脂や木灰で作られていたという歴史や「石けん」という名前の由来、EM石けんのよさについてのお話をお聞きしました。

f:id:hanawakita:20190906135553j:plain

f:id:hanawakita:20190906135623j:plain

f:id:hanawakita:20190906140250j:plain

f:id:hanawakita:20190906140417j:plain

 この後、6校時には、天ぷら油の廃油、EM活性液等を使い、材料をバケツに入れ、棒で混ぜ合わせる作業を行って石けんづくりに挑戦します。その後、牛乳パックに入れ、約1ヶ月、乾燥させてできあがりです。その後は、ネーミングやパッケージ、広報戦略を考え、販売体験をする予定です。
 昨年度に引き続き、材料を準備し、楽しくたくさんの学びを得た指導をしてくださっている「かづの21プラン」の皆様に心より感謝いたします。